光明地駅から徒歩2分 医療法人 のはら歯科クリニック

泉北高速鉄道「光明池駅」徒歩2分

歯を白くするホワイトニングについて

ニコッと笑ったときに見える白く綺麗な歯への憧れは誰でもありますよね。

今回は歯のホワイトニングについてお話したいと思います。

歯を白く見せるために、セラミックなどのかぶせものを入れて白くする方法もありますが、歯を一切削らずに専用のお薬で歯の色素を分解し、歯の色そのものを白くする方法があり、このことをホワイトニングと言います。

歯科医院でのホワイトニングには大きく分けて2種類あります。

歯の中の神経が生きている天然歯を白くする方法と、神経を取ってしまった歯を白くする方法です。

歯の神経を取ると歯の色は茶褐色になってしまいます。この場合には歯の中側に薬剤を入れることで歯を白くする方法があり、これをウォーキングブリーチと言います。

また、天然歯を白くするには歯の表面に薬剤を塗り、それを浸透させて歯の象牙質の色を白くする方法になります。詰め物やかぶせものが入れている歯は白くはなりません。

神経が生きている天然歯のホワイトニングには大きく分けて、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは、専用のジェルを歯に塗り、それを活性化させる光照射機を使って診療室で一気に短時間で白くする方法です。時間がなく一気に白くしたい方におススメです。

ホームホワイトニングは、ご自宅でご自分で、自分専用のマウスピースにホワイトニングジェルを塗ったものを、決められた時間と回数だけ装着し、徐々に白くする方法です。手間がかかりますが自宅でできることと、1週間程度でかなりの白さになります。また徐々に白くするので希望の白さでやめることもでき、マウスピースとホワイトニングジェルさえあれば、いつでもホワイトニングができるので定期的に白くしたい方にはおススメです。

いずれのホワイトニングでも、一時的に知覚過敏、いわゆる歯がしみるという事が起こりやすいですが、当院で使用するホワイトニングは知覚過敏の症状を抑え、歯を強くしてくれる硝酸カリウムとフッ素成分が配合されているものを使用しています。

また、実際ホワイトニングを行うのであれば、いくつかの注意事項があります。

歯の表面にコーヒーやお茶やワインなどでついた茶渋や着色、タバコのヤニ、歯の汚れのプラーク、歯石などが付着していると、ホワイトニングの薬剤が歯に浸透しにくいので、ホワイトニング前にプロのクリーニングを受けることです。

また、ホワイトニング中と施術後の2週間は色素沈着が起きやすいので、コーヒー・紅茶・カレーライス・トマトソース・赤ワインなどの色の濃い飲食物と喫煙はお控えになるようにしてください。

歯を白くするホワイトニングへのご質問・ご希望などはスタッフまでお知らせくださいね。

今なら当院院長野原昌彦監修の冊子
医院名
医療法人のはら歯科クリニック
住 所
大阪府堺市南区鴨谷台2-1-7
ダイエーデッキ出口前
電 話
072-294-8241

詳しい医院情報はこちら

time

大きな地図で見る
(スマートフォンのナビに連動します)